2020年3月22日日曜日

リザーブドインスタンスの割引適用を確認する方法①😊👍


すっかり春の陽気になってまいりましたね🌸
前回までは2回にわたって「コスト配分タグ」を使ったAWS利用料の把握方法をお伝えしてきました。
引き続きAWSコストに関わる豆知識と致しまして、
今回は「リザーブドインスタンス」の割引適用に注目してみたいと思います💡
こちらも2回にわたってお伝えしてまいります🎵

まず、前半は「リザーブドインスタンスの割引適用ルール」を確認してまいりましょう!
AWSを利用されている方であれば、
「リザーブドインスタンス」を購入することでAWS利用料を割引くことができ、
コスト削減につながることはご存知かと思います。

一体、購入したリザーブドインスタンスの割引はどのように適用されるのでしょうか❓
リザーブドインスタンスには以下の二種類があります。
・ゾーンリザーブドインスタンス
・リージョンリザーブドインスタンス
早速、各リザーブドインスタンスについて説明していきます。

~ゾーンリザーブドインスタンスとは~
特定のアベイラビリティーゾーンに割り当てられたリザーブドインスタンスです。
そのアベイラビリティーゾーンの一致するインスタンスの使用に対してリザーブドインスタンス割引が適用されます。
実行中のインスタンス属性は、リザーブドインスタンスの属性に一致する必要があります。

~リージョンリザーブドインスタンスとは~
リージョンリザーブドインスタンスは、リージョンでの購入となります。
このリージョン内のすべてのアベイラビリティーゾーンにおけるインスタンスの使用に対して、リザーブドインスタンス割引が適用されます。
また、リージョンリザーブドインスタンスはアベイラビリティーゾーンの柔軟性を提供するだけでなく、インスタンスサイズの柔軟性も提供します。
これは、インスタンスファミリー内のインスタンスの使用に対してサイズを問わずにリザーブドインスタンス割引が適用されることを意味します。

*より詳しい適用ルールについては以下を参照してください↓
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/apply_ri.html

上記説明から、リージョンリザーブドインスタンスの方が、ゾーンリザーブドインスタンスよりも柔軟性が高く、割引適用範囲が広いことがわかります。

ただ、適用ルールがわかったところで問題なのは、
実際に使用しているインスタンスのうち、
『どのインスタンスが購入したどのリザーブドインスタンスの割引をいくら適用されたか?』
はどうやって知ることができるのか、です🤔

これについては次回の記事でお伝えしていきます🐶

AIRzはコスト配分タグやリザーブドインスタンスを利用しているお客様の
AWS利用料管理をより簡単にするお手伝いをするサービスです😊
サービスに関するお問合せ・ご意見お待ちしております!



---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

2020年3月8日日曜日

コスト配分タグを使ってAWS利用料を把握する②💰


前回に引き続き、今回もAWS利用料の把握の仕方をお話していきます。

前回は、AWS請求書から確認できる内容についてお話しました。
AWSアカウント毎に支払先を分けていたり、
支払先を分ける必要がない場合だったりすると、
通常AWSから発行される請求書で事足りるかと思います。

ただし、
・複数の支払い先と1つのAWSアカウントを共有して利用している
・1つのAWSアカウント内に各支払い先ごとのシステムを構築している
ような場合、AWS請求書の明細表記では
「誰がどれくらい何を使ったか?」が全くわかりません。

そこで、役立つのが「コスト配分タグ」となります。
これはAWSコンソールで設定することで簡単に利用できるようになります。
まずは「コスト配分タグ」とは何のか?をお話します。

コスト配分タグには
・AWS生成コスト配分タグ
・ユーザー定義のコスト配分タグ
の2種類がありますが、この記事では「ユーザー定義のコスト配分タグ」についてお話します。

ユーザー定義のコスト配分タグはお客様が名前を付けられるタグ(キー、値)になります。
1つ1つのリソースに名前を付けられるイメージです。
EC2インスタンスなどのリソースにコスト配分タグを付けると、
コストエクスプローラーやコストと使用状況レポートにおいて
お客様が設定したコスト配分タグ別に利用料を確認することができます。

組織の一括請求を設定していると、
・複数の支払い先と1つのAWSアカウントを共有して利用している
・1つのAWSアカウント内に各支払い先ごとのシステムを構築している
ような場合、コスト配分タグを付けておけば、
複数のAWSアカウントをまたいで、コスト配分タグ別に利用料をまとめることができますし、また、1つのAWSアカウント内のシステムをコスト配分タグ別の利用料で仕分けることができます。

コスト配分タグはAWS請求書には表記されず、
コストエクスプローラーやコストと使用状況レポートで確認するしかありませんが、
設定することでAWS利用料の把握がより詳細にできるようになることは間違いありません。

これからAWS環境を構築していくようなお客様でも、
先々のAWS利用料管理を視野にいれて、コスト配分タグの利用方法も設計して
環境構築を行っていくのも有用かと思います。
ぜひ検討してみることをおすすめします♪

AIRzはコスト配分タグを利用しているお客様のAWS利用料管理を
より簡単にするお手伝いをするサービスです🐶
サービスに関するお問合せ・ご意見お待ちしております!



---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

リザーブドインスタンスの割引適用を確認する方法②😊👍

前回 に引き続き、「リザーブドインスタンスの割引適用を確認する方法」についてお伝えしていきます! 第一回でお伝えしたのは、リザーブドインスタンスの割引適用ルールについてでした。 第二回目の今回は 『どのインスタンスが購入したどのリザーブドインスタンスの割引をいくら適...