2020年1月6日月曜日

「さてと、2020年のAIRz」🐭




2020年、
新年おめでとうございます。

2月にリリースを予定していた
AIRzのバージョンアップは
仕様設計の確定に想定より時間が掛かり、春先のリリースになりました。



ちなみに春先のリリースはバージョンアップというよりも
新しい機能でのリリースを行う予定です。

ここでの主な機能は、AWSの請求まわりの処理に
人の手間が掛かっている企業の皆さんも多く
その手間を削減するための機能や
あとはAWS利用料の把握や分析を
なるべく容易にできるように支援する機能を提供します。

そして、その後に今のAIRzの機能を改良して
機能を付加していくサービス開発の流れに変えました。

ここでは主に、利用料を削減するための提案機能について
現在のAIRzの提案機能を改良して提供する予定です。


2019年は、大小の想定外の課題解決に迫らましたし、
2020年も想定しきれない課題解決に対応していくことになると思いますが
利用者にとって大きな価値があるサービスとしてAIRzを成長させるために
私たちができることを全てやり抜こうと思います。

今年もよろしくお願いします。



---------------------  ●サービスのご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

「アジャイル開発」から『ウォーターフォール開発』に変えて、わかったこと😲😲

こんにちは、☆ずう☆です。 もうすぐ春です。 僕は秋と冬が好きなので、 この季節は、取り立てて高揚はしませんが、 まあ服装だけは夏がいいですね。 AIRzのサービス開発は、 これまで「アジャイル型」で進めてきました。 プロトタイプ開発~画面とロジックの...