2019年12月4日水曜日

AWSの新機能、コストカテゴリについて💰


こんにちは、
AIRz開発スタッフの☆えあ☆です✨

12月に入り、今年も残すところあと1か月ですね★

今回は最近知ったAWSの機能についてご紹介します。
まず1つ目は、
『Cost Categories』
です!

こちらは、ユーザーがアカウントやタグなどの請求ディメンションを利用してAWSのコストをマッピングおよび分類できる機能です。
いままでも、請求書でアカウント毎の料金を確認できたり、Cost Explorerでタグ毎の料金を確認できたりはしましたが、それらをある単位にまとめて確認することができませんでした。
この機能を使うと、コストをグループ化して確認することができるようになるようです。
(引用:https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/11/introducing-aws-cost-categories/


続いて、2つ目です。
機能としては少し前からあった『タグエディター』ですが、
タグが付けられる対象が増えたようです。
以前はリザーブドインスタンスにタグは付けられなかった、と認識していたのですが
なんと付けられるようになっていました!
筆者が気づくタイミングが遅かっただけかもしれませんが…
ただこのタグ、付けてみたもののどこに反映されたのか
いまだに確認ができておりません😢
発見したらまた報告しますね🐶


日々進化、変化しているAWSの機能たち。
AIRzはそれでもお客様のお役に立つサービスとして
開発を進めております。
引き続きご期待ください✨




---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

AWSのコスト管理を自動化するクラウドサービス「AIRz」

先日、リニューアルしたAIRzをリリースしました。 実際に手足を動かし、ともに走ってくれた方々に感謝です。 リリースはゴールでなく、これがスタートです。 期待していただいている方々にはもちろんのこと、 AWS利用企業様が抱えているコストに関する課題に AIRzが役立つよう、皆さん...