2019年12月30日月曜日

感謝を形に🎍🍊🎍



こんにちは、AIRz開発スタッフの☆えあ☆です✨
本記事が2019年さいごの投稿になります!

今年の3月から、このサービスの開発等に携わってきて
実はまだ一年も経っていないのか😲‼という思いもありつつ
そのくらい濃密に充実して仕事させていただいていることに
有難いな、と改めて思う年末です。

「システム」「IT」と言われるものと全く縁のなかった私が
この世界に足を踏み入れ、いまも開発を進めていけているのは
多くの方に助けられているおかげです。
10か月経っても無知なことも多く、一緒に動いてくださる優秀な方たちに
ご迷惑をおかけしながらも、やりたいことを理解しようとしてくださり、
知識を十二分に分けてくださり、成長させていただいていることに
日々頭が下がります。

たくさんいただいているサポートを、しっかりと形にし
お客様が必要としているAWSコストマネジメントサービスを
2020年リリースしてまいります!




---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

2019年12月22日日曜日

「AIRz・・この1年」🎅🎅


ちょうど1年くらい前のこの時期に、
AIRzは、画面だけのモックアップ
(Webの紙芝居のようなもの)の試作版を作りました。

そして今年の7月にサービスとして初めてリリースしました😊




内外ともに優秀なスタッフに恵まれたとはいえ、
少数でサービスの設計から開発、そしてマーケティングまでを
幾度もPDCAを繰り返し改良していく作業は決して楽ではなかったと思います。


7月のリリース後は、
年内に一度バージョンアップを予定していたのですが
仕様の大きな方針転換を行うことで
利用者にとっての価値が格段に高まることがわかり、
急きょ、仕様を再設計し来年にバージョンアップ時期を伸ばし、
今その開発を着実に進めています🌞


サービスとして2年目となる2020年は
事業としての価値が大きく試される1年になります。

なにはともあれ、
まずはAIRzが利用者にとって、必要不可欠とされる価値を持つサービスに成長し
そして自立した一つの事業として成長するために、

このプロジェクトのオーナーである私自身は
全てを賭してやり切る1年にもなるでしょう。🔥🔥




---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

2019年12月16日月曜日

焦らず、速度は上げる👣👣👣


こんにちは、☆えあ☆です。
もうすぐクリスマスですね🎄✨
当初の予定では2019年内にリニューアルでしたが、
より機能を充実させ、お客様に喜んで使っていただけるものを、
と開発を進めてきた結果、2020年2月にリリースすることになりそうです。

今回リニューアルするバージョンは、
試作品段階からお客様に好評をいただいており、
一段と期待が高まっていることを肌で感じています。

だからこそ、というだけではないですが
機能面の正確性、充実性を突き詰めることに
全エネルギーを投じる毎日です。

少しの妥協も許されないプレッシャーと
お客様に喜んでもらえるものが生まれる喜びとに
もみくちゃになりながら、
常に迫るタイムリミットと向き合いながら
焦らず、手を抜かず
それでも速度は加速度的に上げていく🔥

そんな思いでひた走る年末になりそうです!

どこにも余力を残さず、
2020年のスタートを全速力のまま迎えられるよう
共に開発に取り組んでいただいてる方々にも
ご協力いただきながら、
お客様のAWSコストマネジメントのお手伝いができる
サービスを作り上げてまいります😊



---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

2019年12月8日日曜日

「いいメンバーに恵まれ・・・」🐗~🐭


こんばんは、☆ずう☆です

雪が降りそうで、
降らない日曜の1日でした。⛄

来年の干支は、ねずみ🐭。

十二支初めの干支で、
2020年と切りも良く、
区切り良く、幸先良くですね!


AIRzは、2019年の夏にリリースをしました。

リリース後の一番大きな収穫は
私たちが想定していた企業の課題と
実際の企業が困っている課題の間にある「違い」を知ることができたことです。

これは、AIRzの完成度を高める進め方において
非常に大きな2020年への糧になったと思います。


ちなみに、
AIRzのサービス開発は、社員と社外の方々の混合チームで進めています。

いずれの人たちもビジネスの職務能力がとても高く、
(間違いなく、みな僕よりも高い。。)
そして人間としてもとても信頼できる素晴らしい人たちが協力してくれ
本当感謝しています。

そして、無理難題(これはだいたい僕が思いつく。。)を解決するために
一緒に真剣に考え、解決に導いてくれる人たちです。


そうはいっても、
サービスリリースからの数か月は
本当に試行錯誤の繰り返しの堂々巡りで
目の前に霞がかかったような気持ちだったのが本音でした☁

ただ最近やっと「やるべき道すじ」が見え、
お客様の困ったことを解決できるサービスとして進化させられると感じています☀

これも関わるメンバーのおかげです。

AIRzは当初のゴールである、お客様の「AWSコストを削減する」ために
少し遠回りして「AWSのコストマネジメント」をシンプルにできる機能を
バージョンアップして来年にリリースをします。

今年、残り僅かですが、できることをすべてやり切って
2020年をもっと全力でやり残しなく取り組むつもりです。



---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

2019年12月4日水曜日

AWSの新機能、コストカテゴリについて💰


こんにちは、
AIRz開発スタッフの☆えあ☆です✨

12月に入り、今年も残すところあと1か月ですね★

今回は最近知ったAWSの機能についてご紹介します。
まず1つ目は、
『Cost Categories』
です!

こちらは、ユーザーがアカウントやタグなどの請求ディメンションを利用してAWSのコストをマッピングおよび分類できる機能です。
いままでも、請求書でアカウント毎の料金を確認できたり、Cost Explorerでタグ毎の料金を確認できたりはしましたが、それらをある単位にまとめて確認することができませんでした。
この機能を使うと、コストをグループ化して確認することができるようになるようです。
(引用:https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/11/introducing-aws-cost-categories/


続いて、2つ目です。
機能としては少し前からあった『タグエディター』ですが、
タグが付けられる対象が増えたようです。
以前はリザーブドインスタンスにタグは付けられなかった、と認識していたのですが
なんと付けられるようになっていました!
筆者が気づくタイミングが遅かっただけかもしれませんが…
ただこのタグ、付けてみたもののどこに反映されたのか
いまだに確認ができておりません😢
発見したらまた報告しますね🐶


日々進化、変化しているAWSの機能たち。
AIRzはそれでもお客様のお役に立つサービスとして
開発を進めております。
引き続きご期待ください✨




---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

AWSのコスト管理を自動化するクラウドサービス「AIRz」

先日、リニューアルしたAIRzをリリースしました。 実際に手足を動かし、ともに走ってくれた方々に感謝です。 リリースはゴールでなく、これがスタートです。 期待していただいている方々にはもちろんのこと、 AWS利用企業様が抱えているコストに関する課題に AIRzが役立つよう、皆さん...