2019年11月11日月曜日

【サービス開発において大事なこと】新情報をいかに早く入手できるか。


世の中何事も、変化することが当たり前とはわかっているものの、
実際その変化にどれだけ着いていけているのかは中々自分ではわからないものです。

変化に置いて行かれている気がして不安になることもありますし、
変化した理由がわかれば安心して変化を受け入れることができる時もあるでしょうし、
なぜ変化したのかわからないまま、受け入れるしかなく、不安と戦わなければならないこともあるでしょう。

目の前の出来事が何であれ、前に進むしかないことだけが確かなことと言えそうですが、
願わくば、つねに変化に乗っていける、ないしは変化を先導するような生き方をしたいものです。

さて、いま開発に取り組んでいる『AIRz』サービスはAWSのサービス仕様と密接に関係しています。
そのため、AWSのサービスが変更されたり、新しいサービスが誕生すると、それに伴い、AIRzの仕様を改めるべきか検討する必要が出てきます。
より良いサービスをお客様に届けるうえで、当然のことなのですが、
何より大事なことは、より良いサービスを迅速に提供していくために、
新しい情報をどれだけ早く入手できるか、です。

今回11月6日付けでAWSより「Saving Plan」という新しいサービスがリリースされました。
この情報をいち早く入手し、共有してくださったのはあるエンジニアの方なのですが、さすがとしか言いようがなく、頭が下がるばかりです。
本来ならば開発している人間が即気づくべきなのですが。。
おかげさまで、新しいサービスを知ることができただけでなく、今後のAIRzサービスの展開にも大きく影響してくることが判明し、早い段階から次々リニューアルに向けた新仕様の開発に取り組んでいく算段を組むことができました。

より良いサービスを、迅速にお客様に届けるために、
サービス開発において大事なことは、必要な情報をいかに早く正確に入手できるか、だなと身に染みたここ最近です。

またどこかでこのブログでも、AWSの新サービスについて触れていけたらなと思っております。





---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

【サービス開発において大事なこと】新情報をいかに早く入手できるか。

世の中何事も、変化することが当たり前とはわかっているものの、 実際その変化にどれだけ着いていけているのかは中々自分ではわからないものです。 変化に置いて行かれている気がして不安になることもありますし、 変化した理由がわかれば安心して変化を受け入れることができる時もあ...