2019年10月2日水曜日

【利用者の声に耳を傾ける】・・・真剣に👂👂。



サービスの仕様を考えるとき、4つの方法があると思います。

 ①自分で考える
 ②他社のサービスを参考にする
 ③身近な人の意見を聞く
 ④利用者の声を聞く

①は大変そうに見えますが、
自己完結ができる方法というのは比較的楽ちんです。
そして自己満足はできますが、
事業としてものすごく失敗する可能性が高い方法だと思います。

②は情報としてはあったほうが良いのですが、
他社競合サービスとの優劣を追いかけるのは、ぱっとしない方法です。

事業の本質は、他社より優れている機能があるかどうかじゃなくて
顧客にとって、優れている価値があるかどうかですから。

③は有効な方法のひとつですが、
身近な人がそのサービスを利用する人でなければ
やはり事業の本質からは遠ざかってしまいます。

昨日、AIRzのモニターをお願いするお客様との打ち合わせがあり、
その方は、実務でAWSのコスト削減に携わり苦労もされているので、
全ての会話が私たちにとってリアリティがありました。

事業を創るにあたっては、
必ず最初に利用してもらうだろう顧客像・・・ペルソナを想定します。

そのペルソナにフィットした方と話す1時間は
自分で考えたり、競合サービスを調査したりする10時間、20時間よりも
明らかに有意です。

顧客も気づいていないような、
潜在的な課題や需要が存在することもあるでしょうが、

その前にまずやるべきことは、「利用者の声に耳を傾けそれに応えること」
「顕在化している課題を解決すること」

それが何よりも貴重だと思います。



---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

「いいメンバーに恵まれ・・・」🐗~🐭

こんばんは、☆ずう☆です 雪が降りそうで、 降らない日曜の1日でした。⛄ 来年の干支は、ねずみ🐭。 十二支初めの干支で、 2020年と切りも良く、 区切り良く、幸先良くですね! えー、AIRzは、2019年この夏にリリースをしました。 一番大き...