2019年10月23日水曜日

AWSコストをリアルタイムで管理する新機能の開発



いままでAIRzは「AWSのコスト削減」に注力してサービスを開発してきました。
これからも、サービスの目指すところは変わりません。
が、現場の声を聞いていると、まず削減の前にリアルタイムの請求状況を正確に把握し、
予想外の請求額に驚愕する機会を減らしたい…などという切実な課題があることが判明。
ならば、AIRzでその課題を解決をできないか?と次のリリースに向けて新機能の開発に取り組んでおります。

AWS自体が提供しているコスト管理サービスはいくつかあります。
CostExplorerをはじめ、CostUsageReportやTrustedAdviserなどもそうです。
ただ、会社ごとにコスト管理の方法がちがう(例えばAWSアカウントごとに請求額を確認したい、やコスト配分タグごとに請求額を確認したいなど)と既存サービスでは思った通りに管理できないケースも多々あるようです。

新AIRzでは、AWSが提供するサービスの良いところを取り入れつつ、
お客様それぞれが望む形でコストを管理できるように、
またリアルタイムに近い形でコスト状況を把握し、不可思議な請求額を失くすための
対策が打ち出せるようにサポートする仕様を考えました。

今後具体的な方法や、サービスの詳細を公開していこうと思います!
引き続き記事をチェックしていてください♪
お楽しみに!



---------------------
 ●サービスご案内サイト
 ●サービス運営会社(シンプライン)
--------------------

【サービス開発において大事なこと】新情報をいかに早く入手できるか。

世の中何事も、変化することが当たり前とはわかっているものの、 実際その変化にどれだけ着いていけているのかは中々自分ではわからないものです。 変化に置いて行かれている気がして不安になることもありますし、 変化した理由がわかれば安心して変化を受け入れることができる時もあ...